下野新聞 平成26年10月1日付 掲載されました。

2014-10-17

漢方の知恵を活かす「痛い!」のには素因(わけ)がある。

■痛み止めだけでは治らない体力低下。年齢からくる痛みはどう治す?
【痛みを引き起こす原因】
 *外的要因=漢方で考える「気」「血」の障害。
 冷たい風にあたって寒くて冷える、また湿度が高い曇の日や雨の日に痛みが起こりやすいです。

下野新聞 平成26年10月1日付

■お問い合わせの電話番号が変わりました。 028-612-8160

 *内的要因=組織器官の栄養障害。
 加齢による体力の低下慢性病や老化による血虚(血液不足)・気虚(エネルギー不足)・腎虚(ホルモン系が弱い)などは抵抗力を弱め、代謝障害の要因となります。これによって組織や細胞への栄養補給が閉ざされ痛みが起きてきます。

【皆様の良き相談相手として】
 栃木中医薬研究会ではこの二つによる痛みの改善についてご相談をうけたまわりますのでお気軽にパンダマークの薬局薬店をお尋ねください

宇都宮市 誠光堂薬局


Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.