下野新聞 平成26年12月7日付 掲載されました。

2014-12-08

受胎しやすい母体づくりをお手伝いします。

■不妊の克服はからだ全体の立て直しから

 栃木中医薬研究会で取り組む不妊相談は、食生活、嗜好品、睡眠、ストレス度、性格、職業などをお聞きし、生活全般を見直すのが特徴です。これは「因人制宜」(いんじんせいぎ)という、病人の体質・性別・年齢・職業・生活習慣などの相違に基づいて適切な治療方法を決める考えによるものです。ご夫婦の受胎を阻害している原因をお互いが1日でも早く「気づき」その生活習慣を1歩1歩地道に改善してゆくことが、妊娠への近道であると信じてお手伝いをさせて頂きます。
下野新聞 平成26年12月7日付

■皆様の良き相談相手として

 栃木中医薬研究会では社会的、時間的、経済的、精神的に毎日苦しんでいるお客様の気持を十分理解しお客様を勇気づける事を願い、子宝相談など健康に関するご相談をうけたまわっております。お気軽にパンダマークの薬局薬店をお尋ねください。

佐野市 小野薬局 小野正弘


Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.