イスクラ婦宝当帰膠(いすくらふほうとうきこう) [第2類医薬品]

2012-12-25

イスクラ婦宝当帰膠(いすくらふほうとうきこう) [第2類医薬品]

特徴

 「イスクラ婦宝当帰膠」は、トウキをはじめ、センキュウ、オウギなどを加えた処方でこれら9種類の生薬を原料とするシロップ剤です。更年期障害の方の頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症の改善を目的としております。

●効能・効果
更年期障害による下記疾患:
頭痛、肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え症

●用法・容量
成人(15歳以上)1回4ml、1日2回、服用して下さい。
(服用前に瓶をよく振って下さい。)

●成分・分量
本品1日量8ml中に、下記成分及び分量を含有します。
・婦宝当帰軟エキス……………………………4.3ml
  (トウキ…5.52g、ブクリョウ…0.36g、オウギ…0.36g、カンゾウ…0.16g、
   ジオウ…0.36g、センキュウ0.16g、シャクヤク…0.36g、トウジン…0.36g)
・アキョウ……………………………0.36g

 *添加物として白糖を含有します。

●製造販売元
 イスクラ産業株式会社

女性の諸症状の悩みに「イスクラ婦宝当帰膠」

 婦宝当帰膠は当帰を主成分とした女性の諸症状を改善する薬です。女性は、女性特有の体質、機能から、どうしても貧血、冷え症、生理痛、生理不順、肩こり、のぼせ、めまい、更年期障害などの諸症状がおこりがちです。

成分の7割をしめる当帰

 婦宝当帰膠の主成分である当帰は、中国ではむかしから「女性の宝」といわれ、血の巡りをよくし、体を温め体力をつけるなど、もっぱら女性の薬として使われてきました。

 婦宝当帰膠は成分の約70%を占める当帰を主薬とした9種の生薬で構成された生薬製剤です。これらは、女性の諸症状の改善に効果があります。

当帰のはなし

セリ科のトウキの根
 当帰は、女性の体に欠かせない生薬として知られるセリ科の植物。強い芳香があり、紫色を帯びた茎の上に、小さな白い花を咲かせます。薬用として使われているのは、地中に30センチほど伸びた肥厚性の根の部分。根そのものには弾力があり、香気が高いものほど上等品といわれています。

 血液を補い体を温め、血流をよくすると言われ、中国では昔から「女性の宝」として重宝されてきました。中国の民話にも病に倒れた女性が、当帰の根を食べてみるみる回復したという話が伝わっています。それほど、女性の体には大切な生薬ということでしょう。

【当帰(トウキ)セリ科のトウキの根】

コラーゲンを主成分とする阿膠や、気血を補う生薬を多数配合

 当帰の他にも、コラーゲンを主成分とする阿膠や、気血を補う生薬が多数配合されています。また、飲みやすいシロップタイプになっており、貧血、冷え症、肩こり、頭痛、生理不順など女性特有の症状を改善してくれます。

「血虚」のはなし

血虚のチェックリスト
 中医学では、女性の健康は血液と密接な関係があると考えます。血液の量が不足すると、血色が悪くなり、顔色は青白く、爪の色も薄く、爪が割れやすくなります。

 また、皮膚や頭髪はツヤを失い、指先がささくれたり腫がひびわれたりします。「血虚」の場合、このような症状が表れます。また、血液が不足すると流れが滞り、血行不良(瘀血)を引き起こします。

 女性の諸症状は、こうした血液の不足や血行不良などが主な原因と考えられます。

 

 

「イスクラ婦宝当帰膠」のご購入は栃木中医薬研究会のお店で!

 ■栃木中医薬研究会 会員店は こちら


次の記事も読んでね!!
Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.