健光堂薬局

健光堂薬局 店頭

営業案内

住所…茨城県古河市東1-11-31
電話…0280-32-3321
FAX…0280-32-3321
営業時間…10:00~19:00
定休日…日曜・祝祭日
HP…なし

 

コメント

 不妊相談、中国漢方で今日からできる改善策。 

アクセス


大きな地図で見る

店主 猪瀬道雄プロフィール

健光堂薬局 猪瀬道雄先生 1941年6月1日生まれ、出身は現在の古河市。
 昭和薬科大学薬学部卒業し薬剤師となる。
 父が医科向け医薬品卸をしていた関係で父の仕事を継ぐ形で薬大卒業後早々に開局し現在に至る。 

漢方を勉強した理由

 学生の頃知人のイタリア人貿易商の方から「オリエンタルメディシンを知っているか?とても良いものだ」と教えられた。薬局を開局してからその事を思い出し漢方を勉強するようになった。実際に勉強しお客さんに漢方を勧めた所その良さを実感。それから漢方を本格的に学び今まで多くの方々に漢方をお勧めし喜ばれている。

印象に残るお客さん

 数年前だが、60歳の男性で膀胱ガンを手術したがその後再発。手術も難しく余命3ヶ月と言われたお客さんから「何とからなないか?」と相談を受けたため、中国漢方の方法で弁証論治(症状や顔色などからその時の状態を定めそれにあった漢方薬などを決めること)によって3~4ヶ月でその腫瘍が縮小し始めた。その結果、3年間も存命された。この方はお酒が好きな方でもう少し養生をされていればもっとお元気でいられたことだと思う。

どんな人に漢方を勧めたいか?

 漢方薬や健康食品には予想以上の効果がある時がある。あるお客さんがストレスから来る眼精疲労と頭痛で悩まれていた。病院でも検査をしたが特に問題ないと言われたが、本人はとてもつらく相談に来られたので、弁証論治によってある商品をお勧めした所すっかり良くなられた。西洋医学で解決しにくい原因不明の血管障害やストレス性疾患は、病名ではなく中国漢方の方法である弁証論治に基づく漢方がよく効く。症状はあるが、西洋医学で診断されない体の悩みは漢方がおすすめです!

Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.