夏バテ・夏カゼ

2016-08-05

漢方薬で夏バテ・夏カゼ対策

汗かきパンダ ムシ暑い日本の夏。食欲が落ちたり,寝苦しかったりで,気力や体力が低下しがちです。例年,夏の盛りには熱中症の報道も相次ぎます。無理に暑さを我慢していると,異常な猛暑の日には室内にいても熱中症の危険があります。とくに体温調節機能の低下しているお年寄りでは注意が必要です。

 このような時,室内ではクーラーが必需品となり,食事もあっさりとしたものや冷たいものが美味しく感じられるようになります。ところがこういった体を冷やす行動が,かえって体の抵抗力を落としたり,胃腸の働きを弱めて,夏カゼや夏バテの原因になることも少なくありません。職場のクーラーによる冷え症「クーラー病」はその代表です。

 ですからバランスが肝腎です。お一人お一人がご自分の体調に合わせて対策をとり,うまく暑い夏を乗り切っていただきたいと思います。

疲労倦怠感とほてり

イスクラ麦味参顆粒(いすくらばくみさんかりゅう) [第3類医薬品] 暑さによる発汗で,体力や水分が失われると,疲労倦怠感にくわえ,体がほてる感じがします。さらに,のどの渇き,息苦しさ,尿が濃くなる,便秘傾向,舌の紅色が濃くなるといった状況が現れます。

 このようなときには水分や栄養分の補給が必要です。でも,ただのお水を飲むだけでは,尿量が増えても,思うような水分補給にはならない恐れがあります。食塩を溶かしたり,スポーツドリンクを利用することが有効であることが知られていますが,さらに体力を回復させるには漢方薬の麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)が有効です。滋養強壮薬の一つである麦味参顆粒は,このように,体のエネルギーと潤いを補うのに優れています。

 そのほか,中国では,スイカの皮や西洋人参(朝鮮人参とは同じウコギ科であるが,別種。体を潤す作用に優れるといわれる)などを含む処方が利用されます。

胃腸障害

●暑さによる食欲不振
イスクラ勝湿顆粒(いすくらしょうしつかりゅう) [第2類医薬品] もともと胃腸が弱い方で,倦怠感が強く,手足がだるい,顔色が白っぽい,立ちくらみ,自然発汗,息切れ,熱感,慢性的な下痢などを伴う場合,補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がしばしば用いられます。潤い不足があれば麦味参顆粒を併用すると効果的です。

 また,急な発症で,カゼのような症状を伴ったり,舌のコケが厚いといった場合には,勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)が有効です。

●冷飲食による胃腸障害
 冷たい飲食物は,胃腸の働きを鈍くさせます。その摂取が大量であったり,長期的であったりすると,腹痛や嘔吐,下痢などが発生し,さらには夏カゼや疲労倦怠感の原因になります。

 このようなときには,胃腸の動きを正常化して,消化管にたまった水分を動かすことが必要です。そのような生薬にはキノコ類の茯苓(ぶくりょう)やミカンの皮である陳皮(ちんぴ)などがあります。また冷たい水分を駆逐するには,発汗作用を正常化し,体全体の水分代謝を高めることも大切です。たとえばシソ科の藿香(かっこう)などを用います。このような生薬を含む漢方薬が勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)です。勝湿顆粒は,海外旅行などで心配な水あたりにも効果的です。

多汗やのどの渇き

 夏になると滝のような汗をかき,ものすごくのどが渇くという方がいらっしゃいます。さらに暑苦しさにイライラし,顔面が紅潮し,ひどい場合には息苦しさが出現します。このようなときには,植物性の生薬だけでなく,鉱物である石膏(せっこう)を使用します。代表的な漢方薬は白虎湯です。

 もし,疲労倦怠感が強い場合には,上の「疲労倦怠感とほてり」で述べた麦味参顆粒などを使用しましょう。

のどの痛みや微熱感

イスクラ涼解楽(いすくらりょうかいらく) [第2類医薬品] 夏場の感冒は,寒気はあまり感じられず,むしろ熱感が強く,のどのはれ・痛みなどを伴うことが多いです。このようなときには,消炎作用に優れる金銀花(きんぎんか)や連翹(れんぎょう)といった生薬を用います。

 中国にはこれらを含む銀翹散(ぎんぎょうさん)という処方があり,日本ではこの銀翹散を改良して製品化した天津感冒片(てんしんかんぼうへん)や涼解楽(りょうかいらく)があります。

クーラー病

 職場のクーラーの冷気に悩まされる女性は大変多く見られます。もともと女性には冷え性の方が多いうえに,男性のスーツ着にあわせた温度設定が問題です。最近のクールビズの流れは,資源問題・温暖化問題に加え,このクーラー病問題においても,どれほどの効果をもたらしてくれるでしょうか?

 さて,このような状況では,体を温め,体力や免疫力を高める薬草が必要です。有名な人参(にんじん)は,その代表的な薬草です。また,汗をかきやすく,むくみやすいといった傾向のある方にはマメ科の黄耆(おうぎ)が有効です。さらに女性では血液の栄養状態や流れを向上させ,月経の調子を整える作用もある当帰(とうき)を含むものも大変有用です。さらに体質や状況に応じて様々な生薬・漢方薬がございます。


次の記事も読んでね!!
Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.