「逆流性食道炎」よくならない人に・・・

2012-11-02

ほとんどの方が、西洋医学では診断しづらいストレス性によるもの・・・

「逆流性食道炎の病理」をみてみましょう!

胃を痛がるパンダ。逆流性食道炎 最近、我々のような漢方薬局にも様々な医療機関で逆流性食道炎の治療を受けているが一向に良くならないという相談が増えてきています。逆流性食道炎は西洋医学的に考えると、ストレスや暴飲暴食などによって食べ物を消化しようとする強い酸(胃酸)が逆流し、食道内に長く停滞し炎症を起こすものです。その症状として「胸やけ」があります。また、逆流性食道炎はせきや喘息発作を引き起こす事があります。逆流性食道炎に関するネット掲示板では、多くの人が「ゲップ」の症状を訴えており仕事にまで支障をきたしているのには正直驚いています。

 さて「逆流性食道炎」の病理を我々の専門である中医学で考えて見ましょう。中医学では胃腸を「脾胃」としています。「胃」は西洋医学の胃とほとんど同様に理解してもらって構いませんが、中医学での「脾」は「小腸・大腸などを含めた消化器官」を指し少し分かりづらいかもしれません。中医学での「胃」の機能は、中医学では「受納」と「腐熟」といって、口から入った食物や水を胃が受けて納め(受納)、初期消化(腐熟)をして、これらを十二指腸に送る仕事をしています。小腸・大腸などを含めた消化器官である「脾」の機能は、胃が消化吸収したこれらの栄養素(水穀精微)を消化吸収し変化させて運ぶという意味で中医学では「運化」と呼んでいます。

 また脾胃の消化吸収を助けている働きが中医学での「肝の疏泄(そせつ)」です。疏泄の「疏」は、脾が消化吸収を助けるという意味で、「泄」はこの胃の初期消化の機能を助けるという意味です。中医学での肝の疏泄には、脾胃の消化吸収を助ける働きの他に、重要な機能として、精神を伸び伸びさせる働きがあります。簡単に言えば、精神的ストレスなどを処理する機能です。もし精神的ストレスが強く、肝の疏泄の機能がその処理範囲を超えると、肝の疏泄機能の失調となります。これを「肝気鬱結」または「肝鬱気滞」と呼び、女性では月経前の乳房の張り、生理不順などがあり、全般的にはイライラ感などの症状が現れます。

 またこの「肝気鬱結」が脾胃(消化器)の機能に影響を及ぼすと、精神性の胃腸炎となり、その一つが「逆流性食道炎」と中医学では考えています。この肝の疏泄機能を高めることにより精神を伸びやかにさせる考え方や方法は、西洋医学には無く、これは中医学の大きな特徴といえます。当然、脾胃機能低下自体による逆流性食道炎も考えられますが、私たちのような漢方薬局に訪れるほとんどの方が西洋医学では診断しづらいストレス性によるものです。

どんな症状があるのでしょうか?

 気はエネルギー的で空気のようなもので、精神的ストレスなどによる「肝鬱気滞」は、次々と流れ込んで来る気がある部位に滞り、行き場を失った気が横に広がろうとする状態を指します。その結果、”張(中医学では脹と書く)る”という症状が現れ、この状態が胃腸にある場合には”ゲップ”や”おなら”が多くなりますが、そのことによって滞った気が発散されるので症状が緩和されるのが特徴です。

 胃の機能で初期消化をして栄養物を十二指腸に送る機能を「胃気」と言います。下降に働く胃の気が下がることができずに胃に留まれば”膨満感”となり、逆行して上昇すれば、”胸やけ”や”ゲップ”の症状が現れ、激しい時には”嘔吐”となります。

 脾は、胃によって初期消化された栄養を吸収しますが、この機能が低下すると”下痢”または”便秘”を起こし、肝が脾に作用した時は”腹痛を伴う下痢”となり腹痛が治まります。しかし、しばらくするとまた腹痛と下痢が起きたりします。これを中医学では「痛瀉」と呼んでいます。

有効な漢方薬をご紹介します!

脾胃自体の機能低下に使用する時の漢方薬

 一般的には、香砂六君子湯(日本名、星火健胃錠)・参苓白朮散などがあります。その他におなかの冷えが強い時に良く使う漢方薬として理中湯(日本名、人参湯)があります。

肝鬱気滞(ストレス性)によって脾胃に及んだ時に使用する漢方薬

 気滞を改善する「開気丸」と胃腸虚弱に使用する「星火温胆湯」の併用で大きな効果があります。但し中医学では一人一人治療法が異なり、すべての方にそれぞれの処方に当てはまるとは限らないので専門家である近くのお店で相談されて下さい。

気を開く漢方薬 「開気丸」 ってどんなくすり?

 中医学では、精神的ストレスが気滞を発生する主な原因と考えています。気滞による胃腸障害を治療する場合、気を発散させる治療を行いながら補助的に脾胃(消化器)を治療していきます。中医学では気滞を改善する薬を理気薬と呼びますが、西洋医学には無い考え方で薬も無いのですが、中医学では神経性の胃腸炎に対してこのように用いられるわけです。

 この「開気丸」の成分のほとんどが理気薬で、神経性の胃腸炎である逆流性食道炎に用いることが多いわけです。

 ■ 「開気丸」に書かれている効能
 ・胃腸疾患に次の諸症状;はき気(むかつき、嘔気、悪心)、胸のつかえ、腹部膨満感、腹痛・胃痛、食欲不振、下痢
 ・腹部膨満感を伴い、繰り返し又は交互に現れる便秘または下痢

痰をとる漢方薬 「星火温胆湯」 とは?

 ■ 「星火温胆湯」に書かれている効能
 ・胃腸虚弱による不眠・神経症 とありますが、この「星火温胆湯」には、半夏・陳皮などせきや喘息の原因となる「痰」を取り除く成分が入っているため、逆流性食道炎による症状のせきや喘息にこれを用いる一つの理由です。中医学では患者の状態を観察し処方を決定する方法として弁証論治というものがあり、この薬は舌に厚い苔があるかどうかなどをみて使用するのがポイントとなります。

 女性は、特に生殖関係が重要でありますが、中医学では「女性は肝を本となす」とあり、女性の場合肝が生理生殖の重要な働きをします。もしストレスなど精神的なものが肝に影響を及ぼせば、胃腸だけでなく、月経前の乳房の張りや生理不順などの症状が出てくるのもそのためです。

 肝気鬱結に使用する代表的な処方である逍遙丸(日本名、星火逍遙丸)や加味逍遙散と一緒に、開気丸や星火温胆湯を一緒に使用すると治療効果が上がります。

 最後に、逆流性食道炎は、精神的ストレスがベースになっている場合が多く、漢方薬を服用すると同時に、ストレスをうまくためずに処理する方法を見つける必要もあります。ストレスを解消する方法として飲酒がありますが、少量では抗ストレス作用があるので逆流性食道炎に対し有益ですが、多量の飲酒では、多量の胃酸を分泌させるので逆効果となります。アルコール程ほどにして飲みすぎには注意しましょう。

最後に・・・ストレスをためず 多量の飲酒はダメ!

 最後に、逆流性食道炎は、精神的ストレスがベースになっている場合が多く、漢方薬を服用すると同時に、ストレスをうまくためずに処理する方法を見つける必要もあります。ストレスを解消する方法として飲酒がありますが、少量では抗ストレス作用があるので逆流性食道炎に対し有益ですが、多量の飲酒では、多量の胃酸を分泌させるので逆効果となります。アルコールは程ほどにして飲みすぎには注意しましょう。


次の記事も読んでね!!
Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.