中医学と病気

カゼ・インフルエンザ対策

2016-11-01

カゼやインフルエンザの予防対策には、日頃の心がけが重要です!

かぜを引いているパンダ! 手洗い・うがい・マスクの着用などの日々の対策のほか,病気にかかりにくい体を作るため,必要な栄養をバランス良く摂取したり,睡眠時間を十分に取ることを心がけましょう。

 また,日頃カゼをひきやすい人は,体質に合う漢方薬を利用することで,免疫力を高めることができます。

*厚生労働省 > インフルエンザ対策
(さらに…)

不妊の原因

2016-09-24

不妊でお悩みの方へ

 中国で最も行われている、新しい女性疾患や不妊に応用されている方法を紹介します。女性の月経周期に合わせて、漢方薬を変えて治療いたします。 (さらに…)

夏バテ・夏カゼ

2016-08-05

漢方薬で夏バテ・夏カゼ対策

汗かきパンダ ムシ暑い日本の夏。食欲が落ちたり,寝苦しかったりで,気力や体力が低下しがちです。例年,夏の盛りには熱中症の報道も相次ぎます。無理に暑さを我慢していると,異常な猛暑の日には室内にいても熱中症の危険があります。とくに体温調節機能の低下しているお年寄りでは注意が必要です。 (さらに…)

夏の脳梗塞には注意しましょう!

2016-07-09

 水分補給だけでは対策不足です。身体を潤し血液をサラサラに。 (さらに…)

「花粉症」でお悩みの方へ

2016-02-16

花粉症のパンダ! 繰り返されるクシャミ・とめどない鼻みず・強烈な目のかゆみ・・・毎年のつらい症状にお悩みの方も少なくありません。花粉症は花粉に対する体の過剰な防衛反応で,免疫のバランスが崩れて起こるアレルギー性疾患です。

 罹患者数は年々増えており,生活様式の変化や花粉量の増大などといった環境的な要因と,精神的ストレスや肉食・冷飲食の増加,運動不足などによる体質的な要因が考えられます。最近の傾向として,目のかゆみやのどの痛みなど,炎症性の症状が強く出るというご相談が増えています。また秋の花粉症など,発症期間が長期化している傾向もうかがえます。 (さらに…)

女性生理の正しい理解のために

2015-09-09

女性の健康は生理の正しい理解から

 女性の生理は月経出血の開始日を第1日とし、25日~35日(平均29日前後)かけて、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4期を1周期として巡回しています。周期調節法はこの4期に合わせて、各周期ごとに漢方薬を使い分ける中国漢方の新しい考え方で、西洋医学の生理的メカニズムに陰陽の理論を組み合わせた、中医と西医を結合した独自のものです。 (さらに…)

梅雨時のジメジメ体質

2015-06-12

 湿気が高くて気持ちもどんより・・・なんだかやる気もでないなぁ、そんなお客様の声が聞こえてくる季節になりました。健康な人も病気の人も同じようなことを体験される、この原因は一つに梅雨時ならではの「湿気」が関係しているようです。 (さらに…)

漢方美容「ニキビ体質を変える」

2013-10-04

20代以上の「大人のニキビ」に悩む人が増えています。自分のニキビのタイプを知り、一番良い改善方法を選んでください。 (さらに…)

第4弾「生活養生30箇条」お役立ちリ-フレットを制作

2013-06-05

栄養素を体内で有害物に変えない生活と食事ガイド!

病気になりにくく治癒しやすい 丈夫で若々しい体の回復・維持を助ける

(さらに…)

第3弾「健脾散」お役立ちリ-フレットを制作

2013-03-29

あなたの胃腸はひからびている!

胃腸を元気にして胃腸自体の栄養状態を回復する「健脾散」

(さらに…)

« Older Entries
Copyright© 2005-2016 栃木中医薬研究会 インフルエンザ・かぜ・不妊症でお悩みの方! 栃木県の漢方薬局へご相談を All Rights Reserved.