メニューを開く

連載コラム

     

大熊先生コラム
[漢方はこうして副作用を防いできた]

― 処方の「薬性」を調整するための生薬配合法 ―

掲載紙名:両毛新聞(3ヵ月に1回)(No.47まで月1回)

大熊先生

大熊俊一 オオクマ トシカズ

1980年 東京薬科大学卒業、薬剤師試験合格
1981年 同大学第2薬化学教室助手
1982年 同退職後、研究生
1987年 同大学に学位論文を提出し、
審査・試験に合格し薬学博士を取得
1991年 有限会社大熊薬局代表となる

     

最新コラム一覧

  1. No.106 ワクチンによる感染収束を助ける漢方
  2. No.105 感染症との長い闘いに備える体づくり
  3. No.104 感染症の克服に期待される補完的役割
  4. No.103 頭痛を緩解させるための漢方の理念
  5. No.102 生命を支える基盤を強化する「紫河車
  6. No.101 頑固な血液循環障害の解消に「水蛭」
  7. No.100 強暴な病邪と闘う自力をつける「霊芝」
  8. No.99 視覚障害を改善・予防する漢方の発見

過去の記事一覧はこちら

メディア掲載情報